給湯器の凍結でお湯が出ない時の確認と対処方法

給湯器が凍結?
お湯が出ない!

寒い時期にお湯が出ない!給湯器が故障したのかな?凍結かな?
まずは以下にご紹介する予防方法とセルフチェックを実施してください!

こんな時に注意!

  • 気温が1ケタ台前半で風の強い日
  • 最低気温が0℃以下になる日

★凍結を予防するには

  • ①給湯器のリモコンの運転スイッチを切る。
    (リモコンがない場合はガスの元栓を閉める)
  • ②蛇口を開けて浴槽に水を流す。
    (蛇口がない場合はシャワーホースを伸ばす)
給湯器の凍結予防のフロー

★凍結していたら

  • ①給湯器のリモコンの運転スイッチを切る。
    (リモコンがない場合はガスの元栓を閉める)
  • ②気温が上昇して凍結が「自然解凍」されるまでお待ちください。
給湯器が凍結した際のフロー

「給湯器の凍結」
まずはコチラをチェック!

  • ・お湯を出そうとしても水すらでない。
  • ・水側の蛇口から水は出る。

凍結の可能性が高いため、すべての蛇口からお湯が出ないかを確認。
(給湯器が凍結していても水側蛇口をひねると水は出ます。あくまでお湯をひねった場合に水すら出ない場合に凍結である可能性が高いです。水は出る場合には違う要因の可能性があります。他の要因でのお湯が出ない場合のチェックはコチラのページをご覧ください。

お湯が出ない場合、給湯器まわりの凍結の可能性が高いので、このページに記載の手順にて復旧をお試し下さい。

  1. ①給湯器のリモコンの運転スイッチを切りましょう。
    (リモコンがない場合はガス元栓を閉める)
    リモコンのスイッチ
  2. ②気温が上昇して凍結が「自然解凍」されるまでお待ちください。

どうしても長く待てない場合は
以下をお試しください。

  1. ①給湯器のリモコンの運転スイッチを切りましょう。
    (リモコンがない場合はガス元栓を閉める)
  2. ②出なくなったお湯側の蛇口をどこか1箇所開けておきます。
  3. ③給湯器付近にある給水バルブ部周りにタオル等を巻き、熱すぎないぬるま湯(約30℃~40℃程度)を根気よくかける。
    給湯器の凍結
  4. 熱湯をかけると給水管が
    破裂する可能性があります!
    急いでいても
    絶対に熱湯はかけないでください!

    【注意事項】
    凍結した部分に必ず古いタオルなどの布をかけて、その上から「ぬるま湯」をかけてください。直接熱湯をかけると、給水管や蛇口が破裂する恐れがあります。 破裂すると、修理や取り替えが必要になるだけでなく、怪我をする恐れもあります。
    修理や取り替えが必要になった場合の費用負担、怪我をされた場合など、使用者である皆さんの自己責任となりますので十分注意してください。

    給湯バルブは給湯器の配管から水を吸い上げるところで、たいていは保温材が巻かれていて、ひねることができるバルブがついています。ガスのバルブと間違わないよう、バルブの上下部分をよく見ていくと「水」と記載があるはずです。

    給水配管の参考図
  5. ④再凍結しないように、給水管にかけた水分は拭き取ってください。
  6. ⑤給湯器本体から水漏れがないか確認しましょう。

給湯器の凍結防止機能

気温が氷点下以下になると、ガス給湯器周辺の配管内の水が凍り、お湯が出なくなることがあります。
給湯器にはあらかじめ2つの凍結防止機能があり、雪が降るような寒い日でもすぐに故障・凍結してしまうことはありません。
ガス給湯器本体は、以下の装置により凍結を予防しています。

  1. 1.給湯器内部に装備されたヒーター(コンセントを必要とする全ての給湯器)

    凍結予防ヒーターにより、水通路部の凍結を防ぎます。
    外気温が一定以下になると、ガス給湯器内部の凍結を防止する為に自動で作動します。故障ではありませんので、ご安心ください。

    動作中に表示されるマーク(メーカーによって違います)
  2. 2.自動ポンプ運転 (ふろ給湯器のみ)

    追い炊き用ポンプが自動運転を開始し、ポンプ内及びふろ配管の凍結を予防します。
    浴槽の水を循環アダプター上部より5cm以上ある状態にしておいてください。

    自動ポンプ運転

    【注意】
    電源プラグがコンセントに差し込まれていることを確認してください。(抜けていると作動しませんのでご注意を!)

いざという時に困らない、
凍結予防法

  1. ①給湯器のリモコンの運転スイッチを切りましょう。
    リモコンのスイッチ
  2. ②ガスの元栓を締めます。
  3. ③蛇口を開けて浴槽に水を流して下さい。

    浴槽に排水栓をしてからおふろの給湯栓を開け、1分間に400ml(ミリリットル)の水を浴槽に流しておいてください。
    蛇口がない場合はシャワーホースを伸ばして流してください。

    ※浴槽から水があふれる場合があります。
    ※流量が不安定になるため、30分ほど後に流量を確認してください。

    浴槽の蛇口

よくある質問

給湯器の凍結とは?

気温が1ケタ台前半で風の強い日や最低気温が0℃以下になる日などの寒い時期に、給湯器の配管内の水が凍ってしまうことがあります。お湯の蛇口をひねっても水すら出ない場合は凍結である可能性が高いです。

給湯器が凍結したらどうしたらいい?
まずは給湯器のリモコンの運転スイッチを切り、気温が上昇して凍結が「自然解凍」されるまでお待ちください。
どうしてもすぐお湯をご使用になられる場合は、給水管にタオルを巻き上からぬるま湯をかけます。ただし、熱湯をかけると給水管が破損する可能性がある為ご注意ください。詳しいやり方や注意点はこちらをご覧ください。
凍結を予防するには?
給湯器のリモコンの運転スイッチを切り(リモコンがない場合にはガスの元栓を締める)、蛇口を開けて浴槽に水を流してください。浴槽に排水栓をしてからおふろの給湯栓を開け、1分間に400mlの水を浴槽に流しておいてください。
給湯器に凍結防止機能はあるの?
給湯器には、①給湯器内部に装備されたヒーター➁自動ポンプ運転 (ふろ給湯器のみ)の2つの凍結防止機能があり、雪が降るような寒い日でもすぐに故障・凍結してしまうことはありません。

全国対応!24時間365日年中無休!

最短当日工事!無料でスピードお見積り

WEBフォームからのご成約で3,000円OFF

総額費用のお見積り

お電話で無料見積り・相談0120-250-910

スピードお見積りの為に
必要に
なりますので、
型番をお調べください。

型番の調べ方

給湯器の型式はこちらをご確認ください

メーカー別・品番の例

  • 東京ガスIT4210KRSSWCM
  • 大阪ガス(N)44-380
  • リンナイRUF-2400SAW
  • ノーリツGT-2422SAWX
  • パロマFH-241AWD
  • パーパスGS-H2402W-1
Copyright © ガス給湯器の故障 交換 販売 設置工事はキンライサー. All Rights Reserved.